イラクに平和を

市民ができることからのスタート
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
プロフィール
minami-MM(主筆)
1958入学−1968卒業-1978撤退−現在に至る。1968
団塊第一世代との葛藤を経て、現在に至る。
朝鮮戦争、ベトナム戦争、中東戦争、アフガン戦争、イラク戦争は,アメリカの覇権主義の結果であれば、アメリカでの反戦闘争、その核笠のもとにある日本での反戦闘争が成長する必要がある。現在繰り広げられている政府扇動による3人の元人質に対する国民的いじめは、日本の将来を占うものとして、冷静に対処する必要がある。もちろん,誰の役に立たぬ、アメリカブッシュ政権への追従だけの自衛隊の即時撤退要求は反戦運動の原点になる筈です。

minami-pop
1946年生 PON大全共斗卒後、某製造会社入社と同時に、田舎の地区反戦のメンバーとなる。
復員後、さる中小企業に納まり、現在にいたる。
時々フラフラと騒動の現場に現れるのが趣味。
今回も友人に誘われるまま、ヤジ馬でイラク反戦デモに行ったところ、弾みではまってしまう。
「pop」とは、ヤジ馬の「おっさん」という意味あい。

minami-mizu
2004-5-14参加
 ねずみ年の経闘委。路上での戦闘体験を通じて、国家命令で行われる殺し合い戦争、前線の人間を野獣化する戦争、勝つために手段を選ばない戦争に反対するようになった。不可解と考えていたガンジー思想に転向。

minami-amanoya
2004-5-17参加