イラクに平和を

市民ができることからのスタート
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< フセイン大統領の処刑 | main | 戯言 その2 >>

戯言

民主党支配下の議場で、相も変らずブッシュがイラク派兵の正義を説き、増派兵を訴えていた。民主党議員は冷ややかでブッシュが議場を立つ前に席を離れていった。報道の論調では『反派兵』の流れの表れだと。
おかしくはないか?反派兵の議論が巻き起こった時、民主党議員は何をしていたのか。なかんずく次期大統領の名がアピールされているヒラリー上院議員氏は。派兵賛成派の最右翼ではなかったのか。アメリカの茶番劇に騙されてはならない。所詮は金の問題なのだ。取引勘定があわない、それだけでは。
いちど開いた地獄の蓋は納まらない。いずれアメリカも地獄の業火に焼き尽くされると言ってもいいだろう。アイデンテティの崩壊。このクニも後を追うことだろう。
イラクは今 | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -