イラクに平和を

市民ができることからのスタート
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 撤退、撤退、撤退??? | main | パレスチナ >>

イスラエルの暴虐

私はイスラエル当局のへの抗議を提案したい。

城塞国家イスラエルは、アメリカ帝国主義の後ろ盾のみを頼みに自閉した国家戦略の下パレスチナ、レバノンへ攻撃を加えている。国連は無力だ。イスラエルから攻撃を受けても反撃する力は無い。塹壕に篭りイスラエル・ヒズボラの弾数をカウントするだけだ。

ヒズボラの攻撃から防衛との口実で、レバノンの都市中枢を攻撃しインフラを破壊し尽くしている。子供たちを殺し尽くしている。もはやイスラエル国家はナチ・ドイツ以上の軍事国家だ。おのれらの生存のためならば何をしても良い。これを野蛮という。生まれも妖しい人工国家を作ったのは英仏だ。キメラ製造の責任は大きい。

私は抗議する。子供を殺すなと。
自衛隊 | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -