イラクに平和を

市民ができることからのスタート
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< イラク人は他国籍軍を嫌っている | main | 辺野古の闘いと岩国住民投票 >>

5月

早く帰って来い。
報奨金のポイントとイラクの放射能まみれの砂とともに。

早く帰って来い。
『費用対効果』を一切考えずに生みだした水の成果とともに。

諸君はすばらしい行動をなしたのだ。
マスコミにすら露出することなく、手柄を披露することなく。
国土の防衛に無縁な砂漠の地で爆発音に怯え、蠢き、営倉で暮らし。
名誉を誇れ。サマワのキャンプ地で日々をおくったことを。

諸君は基地で、自宅で、自らの行動を語り栄誉を誇るだろう。
それでいい。

殺していなかった。殺してはいなかったのだな。イラクの民を。
それだけで、いい。誇るべきだ。

自衛隊 | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -