イラクに平和を

市民ができることからのスタート
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

安倍政権

コイズミ亜流・随従政権になるのは間違いない。
体面をひけらかす為に、より強権的な姿勢を示すだろう。
憲法改悪、核武装、沖縄の即応体制軍事基地化。

私は職場で語らい、地域で語らい、地べたに這いずり廻り
奴の論に敵対する。仲間がいる。
日本国内は・・・ | permalink | - | -

沖縄 辺野古

辺野古現地より、4/14(木)午前10:00現在の状況をお知らせします。

みなさんもご存知のとおり、那覇防衛施設局が来週中(4/21が有力)に作業強行を明らかにしました。辺野古の状況は非常に緊迫しています。
いま、ぼくらは完全にすべての作業を拒否しています。業者は「エンジンを載せたい」と言っていますが、認めることはできません。そして来週のスパット台船到着に備えて、中城湾港からタグボートに積載したアンカーを辺野古沖に落とそうとしています、これも認めるわけにはいきません。わたしたちの拒否の姿勢を受けて、業者サンコー・パシフィックは船のアンカーを打ったまま海上待機し、こう着状態が続いています。
8年間そして4/17には9年目を迎えます・・このたたかいはに追い詰められた那覇防衛施設局は、ついに来週中に作業を強行すると表明してきました。ぼくらはいま、すべての作業を拒否しています。来週中の作業強行が表明された以上、一歩も引くことはできません。辺野古に駆けつけてください、力を合わせて基地建設をとめましょう!
                                     命を守る会

・・・・・・・・・・
沖縄・辺野古の反基地闘争に、国・防衛施設庁の焦りを背景に全体重をかけて攻撃をしかけようとしてます。皆様。ありとあらゆる支援をお願いいたします。この間、プラフ・マッチポンプ・観測気球のような報道がアメリカ・本土政府・県から投げかけられてます。現地では、迷うことなく非暴力で阻止する体制を固めている模様です。皆様。ありとあらゆる支援をお願い致します。
日本国内は・・・ | permalink | - | -

表側から裏側へ

遺骨

朝鮮からの遺骨が宙に浮いている
政府から政府へ受け渡されて密室のドラマ
人々の眼にふれぬ遺骨は何も言えぬに箱の中
第三者機関での鑑定を何故手抜きしたのだろう

日本の寺に預けられたままの遺骨も浮いている
DNA鑑定の手間を省かれた朝鮮人の骨
人々の眼にさえふれぬ遺骨は坑道の下、海の底
原爆で死んだ大勢の帰還はまだはかどっていない
日本国内は・・・ | permalink | - | -

日本の独自性はあるのか

 イラクで惨殺された香田証生さんが、自宅へ帰宅された。なんともやりきれない。
 アメリカでは「テロには報復を」と叫んでいるブッシュ大統領が再選された。イラクで、パレスチナで、戦乱がより拡大するだろう。

 日本も無縁ではない。即座にアメリカに追随している日本は、「アメリカの同盟国」であり、アメリカが攻撃されれば、日本も攻撃されるからだ。
 
 戦闘員でもない民間人青年の惨殺に対し、日本政府はあまりに冷淡だった。またそれに追随する大手メディアを決して「忘れる」ことは出来ない。
日本国内は・・・ | permalink | - | -