イラクに平和を

市民ができることからのスタート
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

対アルカイダ

イラク反政府武装闘争派とアルカイダとの対立・抗争が高まっているらしい。あたりまえだ。軒先を貸して母屋を蹂躙され家人を虐殺されて、黙っている者がいるはずありますまい。
しかし、こんな奴らを引きこんだのは米帝とその仲間だ。私は『侵略もテロも反対』のスローガンには決して組しない。但し『虐殺』には断乎として反対だ。徹底して米帝とその追従者たる者達に指弾する。両者とも!撤退せよ!手を引け!
イラクは今 | permalink | - | -

戯言 その2

スロバキアの偉いさんは「道義が無かった」と撤兵を宣言し、ネオコンの支持者であった政治学者F・フクヤマ氏は離脱を宣言した。アメ帝の情報機関はこの間のイラクの状況を『内戦』と報告書に記載した。

撤兵せよ!そして己の罪業を償え!ブッシュ!
自衛隊 | permalink | - | -

戯言

民主党支配下の議場で、相も変らずブッシュがイラク派兵の正義を説き、増派兵を訴えていた。民主党議員は冷ややかでブッシュが議場を立つ前に席を離れていった。報道の論調では『反派兵』の流れの表れだと。
おかしくはないか?反派兵の議論が巻き起こった時、民主党議員は何をしていたのか。なかんずく次期大統領の名がアピールされているヒラリー上院議員氏は。派兵賛成派の最右翼ではなかったのか。アメリカの茶番劇に騙されてはならない。所詮は金の問題なのだ。取引勘定があわない、それだけでは。
いちど開いた地獄の蓋は納まらない。いずれアメリカも地獄の業火に焼き尽くされると言ってもいいだろう。アイデンテティの崩壊。このクニも後を追うことだろう。
イラクは今 | permalink | - | -

フセイン大統領の処刑

打ち止めにしたかったのだろう。フセインを口止めしたかったのだろう。
米帝・イラクの蜜月を語らせたくなかったのだろう。見事な幕引きだ。

感情に任せた報復合戦が始まる。

すでに「自己責任」なる言葉も過去のものに成り果てた。
カウンターの「イラク反戦」なる言葉も過去のものになろうとしている。
ざけんな。せめてテメェが吐いた言葉には責任をとりたい。続けたい。
一度はいた唾はおのれの顔に降りかかる。知ってるはずだ。逃げられない。

クニの陸自が撤退しても空自は今も活動している。派兵は継続されているんだ。
イラクに平和を!の提議は今も実行課題なのだ。
イラクは今 | permalink | - | -

内戦

『内戦』だろう。
イラクは中世世界と同様な宗教戦争の社会に後退させられてしまったようだ。
イラン・イラク戦争が開始された当初、
師が「宗教・民族・地域の戦争が始まったんだよ」と指摘された。
アラブ・アジア・中近東。
イズムのイデオロギーは後退し隣りの家の争いがそこかしこに火を吹いている。

たった一日で数百人の民衆が『爆弾テロ』で殺害されるなんて、馬鹿な話があるのか。
道を歩くご老人、婦人、子供たち。大人が殺害されていいのか。
宗派対立?民族対立?火をつけたのは誰だ。

ブッシュの手に乗るな。ブッシュのルールに身を任せるな。自らを決済して頂きたい。
帝国主義軍はすべて撤退せよ。子供を殺すな!
イラクは今 | permalink | - | -

安倍政権

コイズミ亜流・随従政権になるのは間違いない。
体面をひけらかす為に、より強権的な姿勢を示すだろう。
憲法改悪、核武装、沖縄の即応体制軍事基地化。

私は職場で語らい、地域で語らい、地べたに這いずり廻り
奴の論に敵対する。仲間がいる。
日本国内は・・・ | permalink | - | -

春の夜の電柱に寄りて思う、人を殺した人のまごころ

このクニが自衛隊を通じてイラク・サマワに残してきた医療器械、発電機が故障し、あるいは売り払われ働いていない、という記事を読んだ。カンボジヤの二の舞でしょう。数億の税金が『馬糞の川流れ』となった。機器は与えただけでは動かない。教える人、地に合った懇切丁寧なマニュアルが必要。壊れる事を予想した手当ても必要。自衛隊にそんなことができるかい。良かれ悪しかれクニの製品が世界に売れたのは、必要以上の親切な説明があったればこそ。戦後混乱の極致にある国・社会で満足に機能するわけがない。形だけだ、分かりきっている。
では、何が不当だったのか。分かりきっている。アメリカとイギリスによるイラク侵略だ。しかしイラク国内では宗教を旗頭に隣人同士の殺戮が続いている。真心はない。
私はアメリカを憎む。アメリカの正義を憎む。
自衛隊 | permalink | - | -

Iraq 2005

イラクは今 | permalink | - | -

パレスチナ





今おきていること | permalink | - | -

イスラエルの暴虐

私はイスラエル当局のへの抗議を提案したい。

城塞国家イスラエルは、アメリカ帝国主義の後ろ盾のみを頼みに自閉した国家戦略の下パレスチナ、レバノンへ攻撃を加えている。国連は無力だ。イスラエルから攻撃を受けても反撃する力は無い。塹壕に篭りイスラエル・ヒズボラの弾数をカウントするだけだ。

ヒズボラの攻撃から防衛との口実で、レバノンの都市中枢を攻撃しインフラを破壊し尽くしている。子供たちを殺し尽くしている。もはやイスラエル国家はナチ・ドイツ以上の軍事国家だ。おのれらの生存のためならば何をしても良い。これを野蛮という。生まれも妖しい人工国家を作ったのは英仏だ。キメラ製造の責任は大きい。

私は抗議する。子供を殺すなと。
自衛隊 | permalink | - | -